モンサンミッシェル直営スクール ジャパン・エコール・デ・アロマテラピー

アロマと資格について

国際資格

国内資格

スクールにいってみよう プチ授業体験&説明会

Osaka 大阪校へのアクセス Kyoto 京都校へのアクセス
無料でお届け! 資料請求 WEBでカンタン! 受講のお申込み
JEAで取得可能な資格団体
  • IFPA
  • MLD
  • AEAJ
  • JAA
  • JAMHA
医療現場で役立つアロマ 直営セラピスト派遣サービス ソレイユ
JEA on Twitter
Mont Saint Michel aroma laboratory Aroma Shop 直営オンラインストア

IFPA認定アロマセラピスト

IFPA認定アロマセラピスト

Aroma Therapist

アロマをとことん極めたい方にオススメ

アロマをとことん極めたい方にオススメ

難易度 ★★★★★
  • 奥深いアロマの世界に興味のある方
  • 将来開業したい方
  • ホテルスパセラピストになりたい方
  • 医療福祉で通用するメディカルアロマを
    学びたい方
  • 健康な方だけではなく様々な疾患・症状に
    アプローチできるセラピストを目指す方
  • 海外で活躍したい方

Aroma Therapist

世界的にも認知度の高い最高水準の資格IFPA。健康な方だけではなく、様々な症状をお持ちの方や妊婦さんへもアロマでケアをしたい!という方にオススメの資格です。

※JEAでは、アロマの基礎から楽しく学びます。上級クラスであるモジュール3では『施術プランワークショップ』の中で様々な症例への具体的な対応をグループディスカッションという形で学んでいきます。このワークで実践力や応用力を身につけることができ、セラピストとしての自信につながります。このワークショップはIFPA認定校の中でもJEA独自の形式です。

「IFPA認定アロマセラピスト」ってどんな資格?

「IFPA認定アロマセラピスト」ってどんな資格?

日本ではまだ7校しか認められていない認定校!

日本ではまだ7校しか認められていない認定校!

IFPA認定アロマセラピストは、英国最大級の連盟である「国際プロフェッショナルアロマセラピスト連盟IFPA」が認定する国際資格。
本国イギリス内で最大規模のアロマテラピー協会であるIFPAは、入会時の認定審査の基準の高さでも良く知られており、テームズバリー大学ほか4つの大学でもIFPA認定のアロマテラピー学科があり、アロマセラピストとしての職業基準となっています。
そのため認定校となるにも厳しい審査を通過しなければいけません。だから日本で認められた認定校もまだ7校と少ないのです。

海外での活躍の場が広がる!

海外での活躍の場が広がる!

IFPAは、具体的な病気の治療や緩和を目指す代替医療としてのアロマテラピーの普及と発展に力を入れているため、認定アロマセラピストの中には、医療機関や老人施設といった統合医療の現場で働く人も数多くいます。国際的に知名度や信頼度が高い資格でもありますので、海外で活躍することも可能になります。

身につくスキル
アロマテラピーに限らず、心理学、解剖生理学といった心身に対する幅広い知識や実技を学びます。
IFPAは、具体的な病気の治療や緩和を目指す代替医療としてのアロマテラピーの普及と発展に力を入れているため、医療福祉施設の現場で働くことができるスキルを習得できます。ただし、認定校によっては自然療法に重点を置いたカリキュラムもありますので、国際資格を目指す際は、カリキュラム内容をきちんと吟味する必要があります。
将来性
2010年東京、2012年には大阪でIFPA認定校による『IFPAジャパンカンファレンス』が開催されています。認定校間では情報交換も頻繁に行われており、今後、活動の幅の広がりに期待が高まっています。
取得までの期間
アロマを学んだことがない方が、IFPA資格試験に合格するまでの期間は、1年半〜2年が平均的です。
試験開催頻度
各認定校にお問合せください。
試験費用
認定校にて受験するため、受講料に含まれていることがほとんどです。
試験内容
アロマ理論、アロマ実技、解剖生理病理学の試験があり、40件のケーススタディや論文の提出があります。
維持費用
年会費は2011年度の改訂で99ポンドで、4月に入会の場合は全額、これより後に入会の場合は、入会月により初年度会費の金額が減額されます。更新頻度は入会の時期に関わらず毎年4月で、入会した翌年の更新からは年会費99ポンドの支払になります。
更新手続きでは、活動報告(CPD)が義務づけられており、上級救命講習の修了書コピーは3年間に1度提出することとなります。※2014年の登録・更新手続きより、上級救急救命講習証明書の提出は必要なくなりました。
一度試験に合格したらそこで勉強をやめてしまうのではなく、更なる知識と技術の向上を目指している人のみが、その後もIFPAの正会員でいることができます。活動ができない時期は休会するシステムもあり、活動を再開したときに正会員に復帰することもできます。
取得後の特典
5つの特典
1.プロフェッショナルアロマセラピスト資格証明書(額縁サイズ)と、会員カードがIFPAより授与されます。
2.IFPAのWEBサイトに登録することができ、世界中のクライアントにIFPAセラピストとして紹介されます。
3.年1〜2度行われるIFPAカンファレンスに参加し、世界中で活躍するアロマセラピスト達と直接交流できる貴重なチャンスを得られます。
4.英国政府認定『自然療法サイト』CNHCに登録することができます。
5.世界各地の貴重な臨床報告やアロマテラピー最新情報などが満載のIFPAジャーナル「In Essence」の配布、メルマガの配信があります。

他校との違い

他校との違い

JEAのアロマを学ぶ3つのコース「AEAJ資格対応コース」「アロマセラピスト養成コース」「IFPA認定対応メディカルアロマセラピストコース」。どのコースも1番基本のクラスは同じ授業を受けていただきます。ですので「AEAJ資格対応コース」や「アロマセラピスト養成コース」から受講を始め、後から国際資格を目指したくなっても、最初から学び直す必要はありません。長期で学び続けられるよう様々な受講の仕方をご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

取得するためには

取得するためには

合格率100%!(2011年4月〜2012年3月までのIFPA受験者20名中20名合格)

無料資料請求はこちらから


ページの先頭へ
JEAとは
ー ギル校長挨拶 ー 講師紹介 ー JEAの6つの強み ー お申し込みまでの流れ
卒業生の活躍の場
ー 卒業生サロン紹介 ー 先輩からのメッセージ
関連サイト
ー セラピスト派遣サービス ソレイユ ー 直営サロン モンサンミッシェル ー オンラインストア Aroma Shop ー IFPA 国際プロフェッショナル
アロマセラピスト連盟
ー Dr.Vodder's マニュアル・リンパ
ドレナージ専門サイト

公式アカウント