モンサンミッシェル直営スクール ジャパン・エコール・デ・アロマテラピー

スクールにいってみよう プチ授業体験&説明会

Osaka 大阪校へのアクセス Kyoto 京都校へのアクセス
無料でお届け! 資料請求 WEBでカンタン! 受講のお申込み
JEAで取得可能な資格団体
  • IFPA
  • MLD
  • AEAJ
  • JAA
  • JAMHA
医療現場で役立つアロマ 直営セラピスト派遣サービス ソレイユ
JEA on Twitter
Mont Saint Michel aroma laboratory Aroma Shop 直営オンラインストア

6日間短期・ドクター・ボッダー式リンパドレナージ(MLD)

全国4ヶ所で開講中!京都・大阪・東京・名古屋

驚くほど多くの効果を持つヨーロッパ生まれの手技療法を短期集中で学ぶ!

美容にも健康にも幅広い効果のDr.ボッダー式リンパドレナージ(MLD)は赤ちゃんからお年寄りまで使える優しいタッチ!素手のみで行うのに驚くほどの効果があります。

日本人初のMLD認定講師であるギル佳津江が定期開講しており、日本全国からセラピストや医療従事者が参加しています。終了時、オーストリアのDr.ボッダーアカデミー発行の資格認定書を授与します。リンパが雲技術も、できるまで、わかるまで、きちんとお教えします!

MLDトレーニングセンター
公式サイトはこちら
なぜ選ばれるボッダー式MLD資格

なぜ選ばれるボッダー式MLD資格

Dr.ボッダー式MLDとは、ヨーロッパや米国、日本で医療分野にも採用されているリンパドレナージのことで、ボッダー博士が世界で初めて開発した両方です。
皮膚を素手でそっとリンパ管の走行に沿って伸張し、皮膚と皮下組織の中の表在リンパ管を刺激することで、カラダの奥深くのリンパ管の流れまで促進させるので、例えば、首の部分を施術をするだけで、足の先にまで変化が現れます。
驚くほど優しい、ゆっくりとしたタッチなのに、様々な症状が緩和される。
それは、このDr.ボッダー式MLDの高い浄化作用と自律神経への作用によるものなのです。
*MLD…Manual Lymph Drainage



History

1932年  エミール・ボッダー博士が特殊な手技療法(MLD)を開発
     →ボッダー博士がマニュアルリンパドレナージという言葉を考え
      出す。*マニュアル…手を使うこと
1967年  MLDソサエティー設立
      →リンパ浮腫の治療や免疫系の賦活(ふかつ)効果が注目される。
       医療技術としてのMLDの効果に対する研究が進められる。
       1974年にはドイツで医療保険適用となる。
1972年  ボッダー博士の直弟子であるウィットリンガー夫妻によって
      オーストリアにMLDの学校が設立
      →以来少数の認定講師のみがこの治療技術の継承を許可されている。
1996年  JEAにて日本初の認定コースがスタート
2011年  JEA校長ギル佳津江が日本人初の認定講師となる。

リンパ浮腫… ガンの治療やその他の病気の治療の影響により、正常なリンパの流れが妨げられ、主に腕や足などに病的な浮腫を起こすものです。今のところ薬などによる効果的な治療法が無いため、リンパ浮腫患者の多くは適切な治療を受けることができません。リンパ浮腫に対するMLDはセラピー2・3で学びます。
関西初!JEAでセラピー2・3の開催が決定!!詳しくはこちら

ドクター・ボッダー式MLDコースで目指せる資格

ドクター・ボッダー式MLDコースで目指せる資格

JEAは、世界に通用するリンパドレナージ資格を取得できる日本“初”のスクールです。

リンパドレナージ(MLD)は、医療に使用されている正式なMLDメソッド【Vodder、Foldi、LeDuc、Casley-Smith、Asdonk】のひとつで、すべてこのDr.ボッダー式から派生しています。他のメソッドがリンパ浮腫治療用に特化しているのに対し、Dr.ボッダー式は繊細なタッチで関節痛から副鼻腔炎まで、幅広い適用を持つことが特徴です。
そのMLDの本家であるDr.ボッダー式MLDの講師資格を取得しているJEA校長ギル佳津江が、難しいリンパの仕組みも日本語でわかりやすく理解できるのです。日本の医療機関などでも認知され始めたMLDは、今注目すべき資格のひとつです。

※修了者には、オーストリアDr.ボッダーアカデミーより資格認定証が発行されます。

★ご注意ください!!! この技術はオーストリアDr.ボッダーアカデミーが認定した講師のみ指導することが許されています。近年、「ボッダー式に基づいたスキル」など、曖昧な表現でボッダー式MLDを学べると謳うスクールが増えています。正式な認定講師しかDr.ボッダー式MLDの資格認定証は発行できませんので、ご注意ください。

MLDの手技の特徴

今まで経験したことのない手技です!

●MLDでは動脈の血流を促すことなく、リンパや静脈の流れだけを促進させます。
●日本のエステサロンなどで一般的に行われている、強いリンパマッサージとは全く異質のものです。

MLDで結果を出すためには?

●Dr.ボッダー式MLDの手技を正しく習得し、技術を維持向上することが不可欠です。
 そのためには充分な経験と知識を持った認定講師の始動が必要です。
●技術だけではなくリンパ系の解剖・病理を正しく学ぶことで、安全に、より効果的な施術が可能に
 なります。

MLDの施術のメリット(効果)

美容に

肌本来の健康と美しさを取り戻します。
●にきび、脂性肌、たるみ、しわ、むくみ、
 くすみ、セリュライト(脂肪性浮腫)の改善
●妊娠線の予防と軽減
●静脈瘤によるむくみやだるさ、痛みの軽減

免疫系の不調に

●感染症に対する抵抗力を高め、アトピーや、
 慢性関節リウマチなどの症状を緩和

小さな怪我、打撲、炎症や痛みに

●炎症及び痛みを緩和
※普通のマッサージは炎症部分に対して禁忌で
 すが、MLDは必ずしも禁忌ではありません。

筋肉や関節の症状に

●スポーツ直後の筋肉ケアや筋肉痛の予防
●通風の痛みや関節炎の緩和
●筋肉を緩めてコリや疲労を改善
●外科手術の前に行うことで出血や痛みを軽減

緊張や不安の緩和や、心身の深い鎮静に

副交感神経を優勢にすることで
●冷えた手足が温まる
●緊張していた筋肉が緩み、身体が楽になる
●頭痛の緩和

ドクター・ボッダーアカデミー認定講師

ドクター・ボッダーアカデミー認定講師

ギル 佳津江 JEA校長

MLDセラピー3 セラピストとして自宅サロンにて施術を行い、指導者としても19年の経験を持ち、日本人初の認定講師。
わかりやすいリンパ学の説明を、丁寧な技術指導で常に高い評価を得ています。 2012年に開催されたIFPAジャパンカンファレンスで、スリミング、デトックス、鎮痛、腰痛、むくみ、過多月経などの改善症例を発表。6回のトリートメントで見られた変化を写真やデータで説明しました。

ギル佳津江 JEA校長
★MLD講師になるには Dr.ボッダーアカデミー認定講師になるには、MLDのセラピー3資格を取得後、MLDセラピストとして6年以上の経験を経てから認定講師の申請ができます。申請が認められると、各国で開催されているMLDベーシック、セラピー1、各コースのアシスタントを規定時間務めた上で、オーストリア・ボッダーアカデミーでの実技試験とリンパ浮腫専門医師へのリンパ学理論のデモ授業および口頭試験に合格して初めて教える資格が与えられます。 ギル佳津江はこのハードルを乗り越えた日本人初の講師認定です。

MLDベーシック開催日

MLDベーシック開催日

世界で最も繊細な手技療法の一つであるDr.ボッダー式MLDの6つの基本手技、
全身の基本トリートメントおよびリンパ系の解剖生理学を詳細に学びます。

※首と顔のみ施術メニューとして代金をいただくことができます。
※最終日に、Dr.Vodder Academy Internationalのベーシック資格認定証を授与します。
※当クラスを修了後、「MLDセラピー1」の受講が可能です。
※当校で習得されたMLDについて、他所にて指導する事は許可されませんのであらかじめご了承の上お申込下さい。

  理論 実技
1 ・MLDの歴史 / 禁忌
・作用機序
・適用
・リンパ系の解剖生理学

首&顔、脚
ステーショナリーサークル

2 パンプ&スクープ
3 背中&うなじ/ロータリー
4 腕&臀部
5 腹部&胸
6 まとめ・質疑応答
MLDセラピー1開催日

MLDセラピー1開催日

デトックス効果と鎮静効果の高いMLDの手技をマスターし、

触診方法を含むエキストラテクニックを学びます。
皮膚や心身の様々なトラブルに対応できるセラピストを養成します。

※一般の方(リンパ浮腫患者以外)へのボディ(全身)の施術が可能です。
※最終日の試験合格後、Dr.Vodder Academy Internationalのセラピー1資格認定証を授与します。資格認定証及び認定料は受講料に含みます。追試は有料です。
※当クラス修了後、豪州・カナダなどで開催されているMLDセラピー2・3の受講が可能です。海外での受講もサポートしています。
※当校で習得されたMLDについて、他所にて指導する事は許可されませんのであらかじめご了承の上お申込下さい。

  理論 実技
1 リンパ系の解剖生理学①
深部リンパ管の排液経路
・首&顔、脚およびエキストラテクニック
 (口腔、眼瞼、耳、鼻)
2 リンパ系の解剖生理学②
禁忌
・背中、腕 
・エキストラテクニック(脚)
3 リンパ系の解剖生理学③
脳の排液
・うなじ、肩、腹部
・エキストラテクニック(腹部、うなじ)
4 リンパ系の解剖生理学④
病理 / 浮腫
・臀部、胸
・エキストラテクニック(臀部、胸)
5 MLDの適用 / トリートメントアプローチ
症例研究実践方法 / Q &A
・首&顔
・復習
6 理論試験 実技試験
1DAY MLDレビュー(技術の復習)開催日

1DAY MLDレビュー(技術の復習)開催日

MLDベーシックまたはセラピー1のクラスを修了した方のための実技復習クラスです。

※より習熟度を高めるため、2日間以上の受講をおすすめしています。
※他校でDr.ボッダー式MLDコースを修了した方もご参加いただけます。お申込みの際にDr.ボッダーアカデミー発行の資格認定証(コピー)をご提出下さい。
※講座終了後、ジャパン・エコール・デ・アロマテラピー発行の修了書を授与します。修了書は受講料に含みます。

 

1day 実技の復習が中心です。
理論や症例に関する質疑応答もあります。

開催日・開講場所・料金の詳細はこちらをクリック!

受講対象・注意点

受講対象・注意点

このコースは身体の仕組みを理解した上で、とても繊細なタッチの施術が必要となります。 そのため、受講される方は以下の規定を満たされている方に限ります。

《MLDベーシック受講対象》

(A)解剖生理学を学んでいるとみなされるのは次の条件を満たしている方々です。

①基礎解剖生理学30時間以上(通信可)
②医師・看護師・准看護師・歯科医師・保健師・柔道整復師、理学療法士、作業療法士、鍼灸師、マッサージ師、薬剤師の国家資格保持者
※解剖生理学の本を自宅で読むだけなど独学で学ばれた方や、歯科衛生士や介護福祉士、健康運動指導士、心臓リハビリテーション指導士などは②に該当しませんので対象外です。
★①②に該当する方は証明できるもの(コピー可)をお申込みの際にご提出下さい。

(B) ボディマッサージを学んでいるとみなされるのは次の条件を満たしている方々です。

①JEAのモジュール1トリートメント(実技)を修了された方
②他のスクールで27時間以上のボディマッサージコースを修了された方
③AEAJ認定アロマセラピスト資格保持者
④オステオパシー、カイロプラクティック、クラニオセクラルセラピー、ロルフィングなどの認定資格保持者
⑤(A)の2に該当する者は薬剤師を除き、ボディマッサージの経験がない場合でも条件を満たしたこととする
★②③④⑤に該当する方は証明できるもの(コピー可)をお申込みの際にご提出下さい。

《MLDセラピー1受講対象》

以下(A)と(B)または(C)のどちらかを満たしている方が対象です。
※医療従事者の方は(B)(C)免除。
(A)MLDベーシック修了者。他校にてMLDベーシックを修了された方は、Dr.Vodder  Academy International発行のベーシック資格認定証のコピーをお申込みの際にご提出下さい
(B)AEAJ認定アロマセラピスト資格保持者でJEAのベーシック解剖生理学を受講された方
(C)解剖生理病理学70.5時間を含む187時間のボディマッサージもしくはアロマテラピーコースを履修した方

参加資格を満たしていない方にオススメ!

解剖生理学の知識やボディワークの経験がない方は、当校でベーシック解剖生理学・アドバンス解剖生理病理学(通学・通信)とボディーマッサージ(モジュール1実技)を受講していただけます。

⇒日程や授業内容などの詳細は、お電話またはお問合せフォームからお問い合わせください。

お申込み方法

お申込み方法

MLD受講規約・受講対象をご確認の上、専用申込書を郵送またはFAXにて送付ください。到着後、JEAよりお申込完了資料を発送いたします。お申込完了資料到着後7日以内に、申込手付金をお振込みください。お振込の確認ができない場合、キャンセルとさせていただきます。


※お支払いは、一括・分割・受講料学資ローン・クレジットカード払いからお選 びいただけます。お申込み前にご相談くださいませ。

MLD受講規約(PDFダウンロード)
MLD専用申込書(ダウンロード)
かんたん受講お申込はこちら

リンパドレナージや症状別MLDについて、もっと知りたい方はMLD専用サイトをチェック!!!

無料資料請求はこちらから



ページの先頭へ

公式アカウント